糖尿病について知っていますか?

現在、糖尿病の死亡率の増加速度は一番速くて、心血管の疾病と癌に次いで、臨床上の第三の死亡原因です。

1.糖尿病が一番恐れる何か?
恐ろしいことが実は糖尿合併症。脳卒中、心臓病、腎臓病、失明、切断、多系統不全、原因はすべて糖尿病です。終生降糖薬とインスリン注射を飲んで、合併症の発展を遅らせることしかできなくて、通俗の話、内臓を長期にわたりあめの水の中で浸すようで、体はまったく耐えられません。老人は患者に聞きましたが、砂糖を食べすぎて糖尿病になりましたか?実は違います。膵臓β細胞が分泌する体内で唯一血糖を下げるホルモンであるインスリンが、需給のバランスがとれていないためです。血糖値が一定の範囲まで高くなると、ブドウ糖が尿から排出されるという糖尿病です。

2.どんな人が糖尿病になりやすい?

A:家族の病気歴がある人は、普通の人より5倍高いです。両親の一方が病気になる子供は20-30%で、両親が病気になる子供は60-70%で、ほとんど走れません。

B:中高年の人は、中年になるとストレスがたまって、運動が減って、カロリー摂取が高くて消耗が少なく、各種の臓器が老化し、細胞機能が衰退して、糖尿病が発生します。

C:肥満者、糖尿病は普通は手で高血圧を引いています。片手で高脂血を引いています。二人は糖尿病の最も一般的な合併症です。血脂異常と糖尿病は同じ代謝性疾患で、共通の発病基礎があります。

D:喫煙者は、多臓器を損傷させ、特に心血管システムでは、喫煙者は糖尿病の狙いの一つです。

3.どのように自分が糖尿病かどうかを監視します。

普段は半分以上の患者が診察に来た時、血糖値が高くなりがちで、糖尿病になったとは気づかなかったです。だから私達自身は体の状況に対して1つの理解があるべきで、糖尿病は明らかな3余りの病状があって、多く食べて多尿を飲んで更にやつれて、そして精神不振を伴って、疲れきって力がなくて、皮膚は乾燥して、女性の月経は調子が悪くて、男性のインポテンツは上げないで、この時病院に行って血糖を検査するべきです。